• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
バラ
バラも盛りを過ぎましたが
2012-05-26-Sat トラックバック : 0  コメント : 0
ひさしぶりで、何を書いたら良いのやら。
とりあえずバラ事情(笑)

一昨年末~昨年の今ごろは、
身辺がごたごたしてたこともありバラの植え替えをしていなかったので
今年はがんばって植え替えをしました。

やはり花付きが違う!

春、一番のりで咲いたのはミニバラのオーバーナイト・センセーション。

120526-rose1.jpg


ミニバラは物足りなかったり病気が多かったりするので
だいぶ鉢数を整理しましたが、手放せないものの一つ。
香りが素晴らしい!今年も咲いてくれてありがとう。

二番乗りはラベンダー・ピノキオ。

120526-rose2.jpg

見栄えの良いのは最初の数輪だけで、
あとはガクンと花のボリュームが落ちるけど、パカパカよく咲きます。

ディスタント・ドラムス。

120526-rose3.jpg

大輪がパカパカ咲いて、色や花形の変化も大きくて見飽きない。

ボレロ。

120526-rose4.jpg

昨年、春の開花ははじめてだったので、
どうしてもこれは見たい!と実家に持って帰ったバラ。
実家ではもっと中心にピンクがのってて愛らしかったんだけど…
やはりベランダでは日照が足りないのか。

それでもツボミを30はつけ、すべて綺麗に咲きました。
香りよし、花もちよしで良いバラだなあ!

…自己満足のバラ写真はつづく。
スポンサーサイト
page top
ミニバラのグリーンアイスとレンゲローズ。

ミニバラ

大きなバラは自分で休眠に入ったけれど、
ミニバラのこの2種類は、まだまだ花もツボミもたっぷり付いていて、
よく見ると新芽まで伸びようとしている…

どうしようか迷ったけれど、
春の花付きが悪くなるかもしれないので、
思い切ってばっさり剪定、葉も全部むしって強制休眠。

これでバラはすべて剪定終了。
ただし植え替えは一鉢も手を付けておらず…どうしよう。
page top
いつでもレタスを参考にして、水耕栽培を試しています。
こちらはその収穫…

水菜

水菜でございます。

プランター3つ分ほどでちまちま試してみたのですが…
「ある程度の規模でやらないと、葉物は割りに合わない」ですね…

種から蒔いて試してみたのはサラダ菜、水菜、ほうれん草、アスパラ菜、大根菜。
そのうちほうれん草とアスパラ菜は美味しいのか、芽が出ては何者かが食べ尽くしてしまい、
口に入ることはありませんでした。

サラダ菜は食べる速度&満足感に比べて育つ速度が割りにあわず、
手間と場所代を考えると非常に高い野菜に。しかもそんなに美味しくない…

水菜はまだマシだったかな。
お土産でいただいたフォーを料理するときに使うくらいはなんとか。
とっておきに、ちょっとだけ。

虫もそれほどつかず、順調なのは大根菜。
といっても、これも半分薬味扱いで、もりもり食べるには至らず。

ちびっとのスペースなんで、満足しよう思うのが間違いでした。

逆に、成果が良かったのはバジルと大葉。

バジル

5号程度のスリット鉢にバーミキュライトで植え込んで、
毎年8号鉢に植えてた時よりも育ちました。
わけぎも順調。
やっぱりベランダ栽培で満足度が高いのは薬味ですなあ。

そしてもいっちょ。

グリーンアイス


ミニバラのグリーンアイスを水耕栽培で実験中。

常に鉢の下に水が張っている状態なので、黒点病が心配だったけど
今のところ病気も出ず、立派なシュートがどんどんのびて絶好調。モリモリ花が咲いています。
切り花としても優秀なので、このままわさわさ育てたい。

来年は何を水耕栽培っちゃおうかな~。
page top
なんと!
もう8月が終わります。

3ヶ月ほど実家に戻っていた間、大事なバラと観葉植物は友人達に頼んで預けていました。
(量が多いので2箇所に…)
鉢の小さなミニバラと、実家に地植えしたいバラ、調子が悪くて人に頼むのがしのびないバラは実家になんとか持ち帰ったのですが、福岡に少し戻ったりで目をかけられない間に瀕死になり、枯れてしまったものも。

がんばれば全部実家に持って帰れたかなーと、後で少し思ったりしたものの、
友人宅から戻ってきたバラ達は、今みんな元気に花を咲かせているので
やっぱり頼んでよかった~!としみじみ。

ちなみに、なぜ実家バラが少し目を離したスキに瀕死になったかというと、
家を空けるあいだ、母に水やりをお願いしたからでした。
毎日欠かさず水をあげてるというのに枯れるので、
おかしいな~と影から観察していると、
あきらかに…量が足りてない…

まあ、でも、本人は別に植物を育てるのが好きなわけではないし、
ちゃんと3人も人間を育てたし、
母に頼んだ小梅はちゃんと元気にしてたし。
いいのですこのくらい。

実家に地植え予定で置いてもらったりして、
かなりバラの鉢を整理して鉢数が減りました。
その分、お気に入りを大きく育てようと思い、3鉢ほど10号鉢にしてみました。

写真はその1つ、シャンテ・ロゼ・ミサト。

シャンテ・ロゼ・ミサト

ほか、10号鉢にしたのはディスタント・ドラムスとボレロ。
どれも強い良いバラです。

あっ、あと最初から10号鉢に植えてたのはブラッシュ・ノワゼット。

ブラッシュ・ノワゼット

小さな花だけど、これが咲いていると離れていても香りを感じます。
まったく感じない香りもあるので、香りの感じ方って体質によるのかな…?
冬の間のメジロorヒヨドリの落とし物から目を出したピラカンサス(多分)と、
預けているあいだにいつの間にか入り込んだポーチュラカが鉢に同居していて、
地味に寄せ植え状態(笑)

さて、そろそろ夏剪定の時季ですが、今年はどうしよう。
page top
今年の夏は暑かったですね~!

ミニバラがいくつか駄目になってしまいました。
小さな鉢の植物は枯れるときあっという間ですね。
大きなバラはボロボロですが生きてます。
最近、朝晩の気温が下がるようになって、
モリモリ芽が出て復活してきました。

今年の猛暑に負けない一番の元気者は大葉でした。

夏に強いので、ここでよかろう…と、
エアコン室外機の近くに置いておいたところ、
室外機の排水が丁度鉢の下に流れ込み、
鉢底から根を出した大葉がそれをガンガン吸い上げ…
勝手に底面自動給水でモリモリ大きく育ちました。
すごい!

しそ

それから、小さなポットに植えていたヘクソカズラ。
大葉の勝手に底面給水があまりに調子良いので、
ベランダの排水の溝の、いっつも水が溜まって気になっていた箇所に
カポッとはめ込むと…

これも、底面給水がうまいこといって、
わさわさ茂ってグランドカバーに。
さすが雑草、虫はつかないし、
伸びすぎて邪魔になったところをばっさり切ってもどんどん伸びる。
つるが這い回る様子も結構かわいいです。

へくそかずら

しかし花が咲きません。
楽しみにしてたんだけど…
なぜ?
page top
Copyright © 2018 なのか日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。